人妻出会いのすすめ - 不倫希望の女性が多い出会い系サイト

『人妻出会いのすすめ』では、人妻の攻略法や不倫についての知識を掲載しています。不倫願望のある女性が利用している出会い系サイトもご紹介していますので、人妻と出会いたい男性の方は是非ご覧になってみて下さい。

知って得する人妻出会い体験談

      2017/01/18

当サイトでは、出会い系サイトを利用して人妻との出会いを体験する事を全面的におすすめしています。しかし、それだけでは信じられないのが人の性というものです。
更に、出会い系サイト自体がどうしてもクリーンな印象をもてない為、実際に記事を読んでも登録まではなかなか行き着きません。

そこで、こちらの記事では実際に出会い系サイトで人妻との出会いを体験した方の体験談を掲載しています。私が独自でリサーチした体験談なので、信憑性については保障できます。

当サイトを見てくれている方の目的も様々だと思うので、出会った人妻の年齢やタイプがバラバラなものを厳選して5つのお話としてご紹介しています。人妻出会いをもっと詳しく知るならこちら。
自分の目的に近い体験談があると思いますので、是非参考にしてください。

人妻には見えない23歳の若奥さんに出会いました

人妻には見えない23歳の若奥さんに出会いました

またまた出会い系サイトを使って、セフレを作ることが出来ました。何気に出会い系サイト利用歴は長く、これまでも何人ものセフレ化を実現出来ています。
今回は20代の若妻さんをセフレに出来ました。

Kちゃんの年齢は23歳。
結婚して3年目の若妻さんで、子供はいないというスペックです。
結婚をして3年目とまだまだ新婚状態であるものの、学生時代から付き合っていた男性が現在の夫で、知り合ってからは、かれこれ、もう9年にもなるそうで、倦怠感も半端ないということでした。

男性経験も旦那さんのみ。
しかも学生時代はアウトドア派で、とくに体を動かすのが好き。
休みともなれば、カヤックやサーフィンなどポジティブにアウトドアスポーツを楽しむタイプだったのに、旦那さんがどちらかといえば出不精なこともあって、結婚してからというもの、そういったことが出来ず、かなりストレスが溜まっている模様でした。

僕の方もアウトドア派なので、そういった共通点をネタに、メールのやり取りをして、徐々に距離を狭めていったという感じです。
今日の○○海岸の波は、なかなかだったよなんて日記のようなメールをしている内に「私も行きたいなー」という待ってましたの返信が多くなってきたのを見計らい、サーフィンに誘ってみることに。

するとアリバイ作りにちょっと時間が欲しいという返信が来て、メールをスタートさせてから1ヶ月くらいで初デートにこぎつけられました。
サーフィンを楽しみ、沿岸沿いのホテルにシャワーでも浴びに行こうという名目で誘い、セックスをしちゃいました。
子供もいないし、旦那さんとは若いのに1ヶ月に1回程度セックスするかしないかという頻度なので、本当に素晴らしいボディでした。

セックス目的ばかりで会うと、彼女のストレスは解消出来ないと思うので、デートのみで終わる場合も多いですが、その気になれば、いつでも身体の関係は許してくれるので、そこら辺は、問題視していません。
正直、セフレや不倫相手というよりも、趣味友に近い関係を築けていますね。
それでも一緒に過ごしていると楽しいので、若い彼女が出来たような感覚で関係を続けています。

出会い系サイトというと、どうしてもセフレの関係じゃないと利用価値がないなんて思う人も多いですが、相手に合わせた関係を持つことが絶対に大事だと思います。
それが結果的に関係を長続きさせたり、実際に会って、セックスをしてもいいかなという気持ちに相手をさせるコツだと思います。

41歳の若々しい熟女人妻との出会いを体験

41歳の若々しい熟女人妻との出会いを体験

僕には40代の熟女人妻のセフレがいます。きっかけは出会い系サイト。
最初は若い女の子と援交ででも肉体関係が持てればといった感じで、全く年上の女性には興味がありませんでした。

人妻なんて、不倫関係になっちゃうし、そういうリスクを抱えるのは勘弁って感じですよね。
その上で、会える時間帯が平日の昼間というのも多いので、完全にターゲット外にしていました。

そもそも出会い系サイトも、仲間と飲みに行って、誰が一番早く返事が貰えるのかとか、実際に会えるかといったゲーム感覚で使ったんですよね。
だから真剣さというか、すぐに会いたいだとか、やりたいといったようなガツガツ感がなかったのが今思えば良かったかもしれません。

軽く飲みに行ける人募集みたいな感じで、掲示板に書き込みをして、待っていると、それを見てメールを送ってきたのが、現在のセフレであるRさんでした。
プロフィールなどを見てみると、何と年齢は41歳。
しかも写真は登録していないため、こいつは危険かなと思いましたが、友人たちは大爆笑。

悪ノリをして、とにかく会って顔を写メで取ってこいなんて言われてしまう始末です。
ただ、良かった点としては、人妻であるにも関わらず、スーパーのパート勤務をしており、アリバイ作りが容易に出来るということ。
他の理由としては金曜日であれば、夜中も会えるということでした。
最初の内は本当に怖いもの見たさといった感じで、会うつもりもそこまでありませんでした。

ただ彼女のメールの文才があったというか、逆にこちらの仕事に関しての相談なども聞いてくれて、話が面白いし、考え方もポジティブで本当に良きメル友といった感じの関係にいつの間にか発展していました。
すると、とある日のメールで金曜の夜に飲みに行こうと向こうから誘いが来ました。
こちらもメールが楽しかったので、飲んだら楽しそうだなという感じで出掛けたんですが、実物のRさんは、想像していたのとは全然違うルックスでショートカットが似合う、若々しい感じの上品そうな熟女でした。

すっかりとテンションが上がり、飲みすぎたというのもあって、カラオケ付きのラブホへと入り、初合体。
それ以降は、毎週金曜の夜という限定でホテルで密会を重ねる仲になりました。
友人達には、こんな美味しい思いが出来ているなどとは教えられません。
年齢だけで勝手に外見がダメだと想像し、セックスの対象にはならないなとタカをくくって利用したのが功を奏した出来事だと思っています。

高校生の子供がいる43歳の昼顔妻と不倫中

高校生の子供がいる43歳の昼顔妻と不倫中

現在、43歳の熟女人妻とセフレの関係を持っています。きっかけは、某老舗出会い系サイト。
平日が休みの仕事をしていて、とにかくすることがなかったので、何気なく利用したのがきっかけです。

若い頃は出会い系サイトなどでネットナンパをしたものですが、結婚をしてからというもの、使ったことはありませんでした。
当時と今とでは、どんな風に違っているのかなんて感じでしたが、人妻さんの登録が多いし、掲示板などにも大胆な書き込みが多いのには、本当に驚きましたね。

彼女のスペックは、専業主婦で、高校生の子供がいるといういわゆる昼顔妻。
高校生の子持ちで、あまり手がかからないし、旦那さんの帰りも夜遅いということで、平日の午前10時くらいから夕方の7時くらいまでなら時間が取れるのが最大の魅力でした。

こちらも結婚をしていることをメールで知らせ、平日休みの仕事をしているなどを伝えると、彼女から返信が即レスで返ってきました。
最初は他愛のない会話です。
本当に近所の奥さん連中の井戸端会議の相手をしているといったような感覚でした。

こちらから自分の妻への不満や家庭のこと。
セックスレス状態が続いているなどの不満を相談するようになると、どんどんと彼女も抱えている不満をメールで話してくれるようになりました。
基本的には、仕事がある日は1日3回程度夕方の5時くらいまでのメールのやり取りをし、こちらが休みの時は、外に出かけるふりをして、カフェでじっくりとやり取りをすること1週間。

ランチが美味しいお店の情報を教えてという話から、ダメ元でランチに行こうと誘ってみると、すんなりOKをもらいました。
実際の彼女は、美魔女といった感じでスタイルも細く、髪も長く、化粧もそこまで濃くない本当の美人さんです。
最初のデートは、やりたいという下心を抑え本当にランチだけで解散です。
これが功を奏したのか、次のメールでお礼と共に「また会いたい」と彼女からノリノリのメールが来ました。

次のデートではドライブデートでそのまま沿岸沿いを走り、海辺で止めて、車内でキス。
そのままの流れでラブホテルで初めて肉体関係を持ちました。
かなり相性が良く、大胆な彼女のプレイスタイルにすっかりとハマってしまいました。
彼女も久しぶりのセックスと、女としての自信を取り戻せたようで、だいぶ満足してくれたと思います。
それからは、たまに食事デート。
その他は、お互いに沿岸沿い駐車場で待ち合わせをして、そのままホテルにいき、セフレの関係を続けています。

友達の奥さん(33歳)とイケない関係

友達の奥さん(33歳)とイケない関係

いけない不倫関係を続けています。きっかけは毎年行われる港のお祭りでした。
そこで一際色っぽい女がいるなと声をかけようとすると、その隣りにいたのは、学生時代から腐れ縁だった友人のMくんがいました。

Mくんに話しかけると、その色っぽい女性は、Mくんの奥さんであり、結婚をして5年目ということでした。
年齢は33歳でフェロモンむんむんで、若い頃は本当に数々の男と浮名を流したんだろうなと想像させます。

その後、仕事の帰りなどにスーパーに寄った際に奥さんのSさんを見かけては話しかけといった普通の近所付き合いのような関係が続きました。
とある日に近所の居酒屋さんで一人寂しく飲んでいると、そこに訪れたのがSさんさんとその仲間たち。
一人寂しく飲んでいる僕に気を使ってくれたのか、彼女達の席に呼んでくれ、楽しい飲み会に参加させてもらいました。

そこでは、それぞれの奥様達が、男の不可解な行動に対してダメ出しをし、僕が男代表としてそれを反論するといった構図が出来上がります。
当然に女性陣の口達者さには叶わず、口撃をされ、謝罪をするといったことを繰り返して盛り上がりました。

彼女達は奥様連中なので、先に帰ったのですが、帰ったはずのSさんがなぜだか戻ってきて、カウンターに座る僕の隣りに着席です。
そこからMくんの昔話から始まり、現在の不満とセックスレスの状況を相談されました。
ここではやばいと感じたので、行きつけのバーに移動しようとすると、そのまま彼女の自宅へと誘われます。

何でもMくんは外に女を作っているらしく、度々朝帰りをするというのを繰り返しており、そのリベンジとして、僕を使ってストレスを解消しようという試みであることはピーンと来ました。
当然のように宅飲みの時間はあっという間に終わり、彼女達が使っている寝室に移動をしてセックスをしました。
これがかなりやばい。
こんなに積極的に動く女性は、風俗嬢でもなかなかいないという感じの積極的なプレイに、正直骨抜きにされました。

それからというもの、Mくんの帰りが遅い日と分かった時には、彼女から呼び出しのLINEが来て、そのまま彼女の自宅でお酒を楽しみ、その後には当たり前のようにセックスをしているという関係が続いています。
友人とは言わないまでも、知り合いの妻を寝とっているという背徳感。
その上でいつ帰宅されるか分からない彼女の自宅で行為に及んでいるというドキドキ感は、くせになってしまっています。
近所で不倫相手を探すのは、危険なんてことは誰でもわかると思いますが、あまりに近すぎると、意外とバレないものだなというのが実感です。

割り切り人妻は当たり外れがある

割り切り人妻は当たり外れがある

ネットで知り合った人妻達と、割り切りの関係を持っています。
きっかけは出会い系サイトのアダルト掲示板で、割り切りの募集をしている彼女達の書き込みを発見したこと。
とにかく割り切りの関係を求めている人妻がこんなにもいるんだなと衝撃を受けたのを思い出します。

最初の人妻は27歳のHさん。
あまりに若いと援デリ業者や未成年の場合があるので却下。
でも、30代や40代だとルックス面で問題があるかなと思い、20代後半くらいが調度良いかなという感じで彼女にアプローチを掛けました。
意外とあっさりとしていて、条件を提示され、OKだったら待ち合わせ場所と時間を指定されます。

待ち合わせ場所に恐る恐る向かい、車の中で待っていると、助手席のドアをコンコンとノックしてくる女性が。
招き入れると、早速ホテルに行こうと軽い挨拶の後に即ホの催促です。
ホテルに入ると最初に料金を徴収。
1万5000円でホテル代は別。
エッチをしている最中にどうしても生挿れしたくなり、5000円払うから生じゃダメと聞くと、了承してくれたので生挿入。
どこぞの重役秘書と言われても違和感がないくらいのキレカワ秘書風人妻との一時は、過去最高の体験でした。

これに味を占めた僕は、その後は、完全に割り切り目的の人妻を専門にして出会い系サイトで知り合い、セックスをしています。
次に相手をしてもらったのは、ちょっと業者っぽい感じもしましたが、20歳の若妻です。
ルックスには自信があると言うので、なかなか期待出来る若妻さんでしたが、実物は、ちょっと微妙。
最初の27歳のキレカワ人妻が良すぎたこともあり、ちょっと見劣りするのも否めません。

しかもゴム無しはいくら積んでもダメだし、テクニックも幼稚。
それが嫌なら風俗に行けって話ですが、それで2万円と考えると、ちょっとコスト高だなと感じてしまうものです。

割り切りの良いところは、すぐに会って、即ホテルに行けることですね。
煩わしいメールでのやり取りは必要ありませんし、デートなどのプランを立てる必要もない。
ただ事前に言われたお金を持って待ち合わせ場所に時間通りにいけば、セックスが出来るのは最高です。

ただ、当たり外れがあるので、前述の27歳キレカワ人妻のように気に入ったとしても、リピートすることが出来ないのは、ちょっと勿体無いというか問題ですね。
足がつかないために、毎回相手を変えるんでしょうが、不特定多数とセックスをしているので、性感染症も気になる所です。

 - 知って得する人妻出会い体験談