人妻出会いのすすめ - 不倫希望の女性が多い出会い系サイト

『人妻出会いのすすめ』では、人妻の攻略法や不倫についての知識を掲載しています。不倫願望のある女性が利用している出会い系サイトもご紹介していますので、人妻と出会いたい男性の方は是非ご覧になってみて下さい。

不倫の知識 - 人妻との関係性や注意点

      2017/01/18

人妻出会いを謳っているサイトを運営していて、こんなことを言うのもおかしな話ですが、不倫について甘く考えすぎてはいないでしょうか?
人妻との出会いを体験したいというのは、不倫をしたいというのとほとんど同義です。殆どの人はそのスリルを楽しむために人妻の方を探していると思います。

しかし、もしも不倫関係がバレてしまうと、慰謝料などの支払いを命じられる可能性もあります。あらゆる覚悟をもってするのが不倫です。
こちらの記事では、不倫の定義や慰謝料について、不倫しやすい人妻の特徴や注意点などを掲載しています。人妻出会い掲示板についてはトップページをご覧ください。

不倫について、そこまで知らない方には非常に参考になる記事だと思います。全て読んで、改めて人妻との出会いについてよく考えてみましょう。

意外に難しい!法律上の不倫の定義とは?

意外に難しい!法律上の不倫の定義とは?

不倫関係を望んでいる方もいらっしゃいますし、近年では、有名人などの不倫報道も沢山にされており、男性の不倫は以前からですが、女性の不倫も多いんだという認識を持っている方が大勢にいらっしゃいます。

ドラマなどの影響もあり、不倫関係へのハードルが低くなっているのが現状です。
更に専業主婦率が高かった以前と比較して、共働きなど外に出る人妻が多くなっていますし、待機児童の問題はありますが、預ける施設も充実しているため、外に出て遊ぶという環境も整っているわけです。

そもそも不倫というのは、どういった行為なのでしょうか。
不倫というのは、肉体的な関係を持って初めて不倫と認められるというのは覚えておきましょう。
例えば、出会い系サイトで知り合い、こちらはヤリ目でデートに望んだとしましょう。

それでも、口説き落とせなかっただとか、相手から拒否されたなどがあり、肉体関係まで持っていけなければ、これは法律で定めているところの不倫行為にはあたりません。
つまりは、デートや食事、飲み会といったものだけでは、不倫行為には当たらないというのを覚えておきましょう。

また、法律上では、配偶者のあるものと定義されています。
これは婚姻届を提出し、法律上夫婦として認められている男女と思いがちですが、少々違っています。

何かしらの事情で婚姻届は提出していないが、事実婚のような状態にある男女の場合も、お互いを配偶者として認められます。
更に婚約状態では、まだ配偶者とはなりませんから、不倫とは言えません。
ただ、婚約状態の場合に、浮気をして婚約が破談になってしまった場合には、慰謝料請求をされるケースもありますから注意しましょう。

更に肉体関係を持ったという証拠がなければ、突き詰めようがないというのも覚えておきましょう。
つまり二人で温泉旅行などに行き、夜を共に過ごしたといったものや、ラブホテルに入ったということを証明するレシートや写真といったれっきとした証拠がなければ、不倫とは認められないのです。

別居や離婚など状況によって変わる慰謝料の詳細

別居や離婚など状況によって変わる慰謝料の詳細

不倫がバレてしまった場合には、大変なペナルティを受けることになります。
女性の場合には離婚を要求されるのは当然ですし、最悪の場合には、親権まで失います。
財産分与もされず、もしもされたとしても、慰謝料としてとられる場合だって少なくありません。

また女性ばかりではなく、男性も相手の旦那さんから慰謝料請求されるケースが多いです。
慰謝料の相場としては、50万円から300万円とされていますが、場合によっては300万円を越えて請求されるケースもあります。

慰謝料の目安としては、その後の夫婦関係がどうなるかによっても金額の差が出てきます。
離婚をせずに夫婦関係が継続されるケースでは、50万円から100万円。
別居に至るものの離婚までに至らないケースでは100万円から200万円。
離婚に至ってしまった場合には200万円以上となります。
ただしこの場合は、裁判にまで至ってしまったケースであり、示談でお互いに話し合う場合には、この裁量は、参考になりませんから注意しましょう。

他にも、慰謝料の金額の増減は、いろいろな項目が定められ、その違いによって変わってくるというのが一般的です。
前述のように不倫発覚後の夫婦関係の状態の違いによってもそうなのですが、例えば婚姻していた期間がどのくらいの長さだったのか。

他にも不倫の内容がどういったものだったのか。
不倫を疑ってから、発覚するまでの期間の長さは、それだけ精神的な苦痛を相手にしいてきたという条件になりますから、慰謝料も高くなるのです。
更にお子さんの有無だったり、経済状況といったものも配慮されます。

不倫しやすい人妻の特徴3選!出会いを求める人妻の本音とは?

不倫しやすい人妻の特徴3選!出会いを求める人妻の本音とは?

不倫は悪いこと。十分に理解していながらも、気がついたら不倫関係真っ只中であり、その関係から抜け出せないなんていう、いわゆる不倫女は世の中には大勢にいらっしゃいます。

そして、不倫をする人妻には大きく分けて3つの特徴があります。
最初から、不倫をしたくて出会いを探している人なんてほとんどいないのかもしれません。

不倫しやすい人妻の特徴をまとめていますので、是非ご覧になってみて下さい。

現在置かれている環境に不満を抱えている人妻

現在置かれている環境に不満を抱えている人妻

生活環境や旦那さんに対して不満を抱えている人妻というのが、圧倒的に多いという共通点があります。
これは冷静に考えると当たり前のことです。
結婚生活や旦那さんに対して、不平や不満がなければ、他の異性に目移りするなんてことはありません。

もしもそういった幸福な環境でありながらも不倫関係を求めているのであれば、根っからのビッチや異常者としか言いようがありません。
彼女達が不倫に走ってしまうのは、こういった理由があるからなのです。

どんなに大切にされていても、長い間一緒にいると、様々な不満を抱える様になります。
良き夫であったとしても、それは家庭的に見てとか、お子さんの目線からとか、他の家庭から見てといった場合が多いのです。
人間はどんどんと要求を高くする生き物です。最初はそれで幸福感を感じていても、そのうち女性として扱われていないという不満を抱いたり、独身時代のように自由に使えるお金もなく、遊ぶ時間もないといったことに不満を感じてしまうのです。
そして、女性としての自信を取り戻したいというのは40代人妻に多い特徴でもあります。

夫婦感のセックスレスへ不満を抱えている人妻

夫婦感のセックスレスへ不満を抱えている人妻

これは、男性と女性の性欲の最盛期のズレがあるため、ある意味で避けられない現象といってもいいかもしれません。
男性の性欲の最盛期が思春期から20代前半であるのに対して、女性のそれは30代後半から40代とされています。

女性が性欲がマックスに達していて、セックスをしたくなっても、男性はもう枯れているわけです。
特に男性の本能的には、なるべくいろいろな女性に種を振りまきたいという欲求がありますから、結婚をして、何度もセックスをして、お子さんまで作った人妻には、魅力を感じないというのが本能なのです。

一方で女性は優秀な遺伝子を持つ男性に惹かれ、その人と決めれば基本的に一途です。
結婚までして子供まで産んだのですから、優秀な異性と認めているのは当然ですね。
だからこそ旦那さんに性欲を解消して欲しいと迫る。
それで断られ、プライドをズタズタにされる。
となれば、自分を女として扱ってくれる異性にその矛先を向けようとするのは当然ではないでしょうか。

根っから男好きな人妻

根っから男好きな人妻

男がいないと生きていけない。
また男から求められないと自身の存在意義を確認出来ないって女性は多いものです。
この手の人妻は、少しでも家庭でぞんざいに扱われたり、女として見てもらえていないと感じた場合には、外に目を向けることが多いのです。

他にも他人のものを欲しがるような人妻もそうですね。
一見性悪のように思えますが、実際には素直な心の持ち主が多かったりするんです。
例えば、「旦那さんよりも大切にしてあげるよ」だとか、「君の不満を全部取り除いてあげる」といった言葉を真に受けて信じてしまい、不倫関係に走るわけです。

ただやりたいというだけで近づいてきた男が発する「まだまだ女性として価値が高いです」といった言葉や、「こんな魅力的な女性を放っておく旦那さんが信じられない」といった言葉を信じてしまうのです。
そこでドキドキしたいという特異な体質に火が点いてしまい、不倫関係に走ってしまうわけです。

不倫希望の人妻が増えている現在ですが、不倫をしたい理由は人によって違います。
人妻との出会いを求めているなら、その人に合ったアプローチを考えるのもまた重要な事なのです。

恋愛感情はご法度!不倫関係を長続きさせる方法とは?

恋愛感情はご法度!不倫関係を長続きさせる方法とは?

不倫関係を一般的な恋愛関係の延長と捉えている男性は少なくありません。
どちらかといえば、不倫関係は、恋愛関係というよりも、セフレや援交、愛人契約といった関係に近い関係です。

女性にはセックスをして感情移入をしてしまうといったケースが多いと言われてきましたが、男性も例外ではありません。
ここでは不倫関係を長続きさせるためのポイントを紹介していきましょう。

不倫関係は普通の恋愛関係ではありません。
ですから、カレカノのような錯覚を起こすと失敗します。
自分の前では、確かに素敵な姿を見せてくれるでしょうし、それが魅力的だと思うのは当然です。
こんな姿を見せられるのはあなただけよなんてその場を盛り上げるための建前の言葉を信じたくなる気持ちも分かります。

ただし相手は他人のものであり、人妻であるということを前提に考えなければなりません。
ここで感情的になり突っ走ったとしても、相手が迷惑するだけです。
そして傷つくのは自分なのです。
確かにセックスの相性も良く、一緒にいるのが心地よいと思うかもしれません。

一瞬今のパートナーを捨て、この人と一緒になったら、こんな生活が手に入ると錯覚しがちです。
これは錯覚に過ぎません。
一緒に生活をしているのと、たまに不倫相手として会っているという関係では、まるで見えてくるものが違うものなのです。
家庭を離れ開放感があるからこそ、見ることが出来る魅力であるというのを忘れてはいけません。

これは相手もそうなのですが、自分に対しても言えることです。
不倫という背徳感がそこにあるからこそ、魅力的にお互いを感じてしまう。
いわゆる秘密の共有というやつです。
これによって、通常の感覚が麻痺してしまっているんですね。
結果、略奪愛や不倫を経て、結婚をした夫婦は長続きしないというデータも出ています。また同じ行為を繰り返して破局に至っているというケースが多いのです。
あくまでも不倫は不倫として恋愛感情を持たないように心がけましょう。

時間や場所選びは慎重に行おう

時間や場所選びは慎重に行おう

他にも、相手が人妻であることをしっかりと把握して関係を続けるのが重要です。
デートをすると決めたのであれば、待ち合わせ時間から、別れる時間まで、タイムスケジュール通りに行う様にしましょう。待ち合わせ場所についてはこちらの記事をご参考ください。

こちらも相手も家庭がある立場です。
このようなタイムラグが起こると、それぞれの生活に支障をきたすことになるのです。
そもそも予定外の行動を起こせば、それが原因になり、余裕がなくなってボロを出す可能性も少なくありません。
関係をバレないためのポイントは、バレないようなスケジュールを組み、それを徹底的に実行することにあるのです。
予定外の行動などは、ご法度といっても過言ではありません。

他にもデート場所には注意です。
地元でデートスポットとして有名な公園や遊園地、有名な食事処などは、絶対に避けましょう。
誰の目があるか分からないからです。
不倫関係は、一般的な恋愛関係とは違い、普通のカップルの幸福感は味わえません。
それを味わいたいと思った時は、お互いが離婚の覚悟を持つ時です。
いつでも日陰者の存在であるというのを忘れてはならないのです。

更に相手に急な予定が入った場合には、予定をキャンセルしたりして対処しましょう。
無理に引き止めるというのは絶対にしてはいけません。
いくら会いたいと思っていても、長く一緒にいたいと思っても、そこを冷静に対処するのが不倫関係を長続きさせるためのコツなのです。

不倫トラブルを起こさない為にもメールのタイミングは慎重に

不倫トラブルを起こさない為にもメールのタイミングは慎重に

不倫という関係は、特殊な関係です。倫理がないという呼んで字の如しの行為になります。ですから、恋愛関係とは一線を画すことが重要になります。

そもそも相手の旦那さんには、絶対にバレないように最新の注意を払うことが大事になってきます。

とにかく人妻と肉体関係を持ちたいからと、バレてはいけない関係という大前提を忘れ、メールも相手の旦那さんがいるであろう夜中の時間帯という最悪のタイミングで送りつけるなんてアクションを起こしている男性には、危なくて近寄ろうとしないのが主婦の女性達の共通意識としてあるものです。

もちろん、相手女性の環境によってもまちまちですが、一般的に考えて、平日の昼間というタイミング以外には、メールなどをしないように心がけるようにしましょう。
バレてしまうと、相手に迷惑が掛かるどころか、こちらも慰謝料などを支払う義務が出てきてしまいます。

お互いに家庭は崩壊させるつもりはないなどと言い訳をしたところで、不倫関係の事実があれば、それは大きな離婚原因になります。
法律的には不倫をしたからといって、何かの罰を受けることはありません。
しかし、離婚の理由としては、認められると民法に記載されていますから、それがバレると離婚。
更に離婚原因が不倫となれば、慰謝料の支払い義務が生じるのです。

こういった目に遭わないためにも、相手選びは慎重に行っていくべきですし、ターゲットが決まったとしても、アプローチに使うメールのタイミングなどは、本当に注意をするようにしましょう。
女性と比較して、男性というのは、面倒臭い作業を嫌がる傾向があり、軽率なアクションを起こしがちです。
実際に女性の浮気はバレなくても、男性の浮気は簡単に発覚するのは、これが理由なのです。

証拠を残さないのは鉄則!LINEやメールでの履歴は消去する!

証拠を残さないのは鉄則!LINEやメールでの履歴は消去する!

メールのタイミングも重要ですが、実際に不倫相手との関係を始めると、いろいろな証拠となるようなものが出てきます。
例えば、ラブホテルに寄った際のレシートや、デート先で高速道路を使った場合の領収書やETCの履歴。
カーナビを使用した場合の履歴などもそれに当たります。

出会い系サイト内でやり取りをしていれば、問題ないのですが、有料サイトを利用している方が多いため、実際に関係を築けば、プライベートなアドレスでやり取りをしたり、直接電話をしたりといったアクションを起こすものです。
そういった場合には、当然に履歴をチェックされる恐れもありますから、証拠となるようなものを一切残さないことが重要です。

近年では、LINEでのやり取りが主流になってきました。しかし、週刊誌でも話題になった人気バラドルとミュージシャンの不倫関係で、LINEのキャプチャをコピーされる、クローンiPhoneを簡単に制作出来るというのが有名になりました。
安全とされていたLINE上でのやり取りであっても油断が出来なくなっていますから、しっかりと証拠を消す努力をしましょう。

少なくても一回ずつトークの履歴を消去する。
友達表示なども非表示にする。
更に相手の旦那さんなどと一緒にいるであろう時間帯や連絡が確実に取れる時間帯以外は、通知を許可しないようにするなどの努力が必要になってきます。

ここまで紹介しても面倒くさいと思ってしまう男性は多いのではないでしょうか。
そこまでする必要があるのなんて思ってしまう方もいらっしゃると思いますが、その考えこそが軽薄と言わざるを得ません。
不倫関係において、相手と自分のパートナーにバレるという事は、絶対にしてはならないのですから。

 - 不倫の知識